キッチン用品のお手入れの方法について紹介しているサイト

>

自宅でメンテナンスする時の注意点とは

金属によって性質が異なる

キッチン用品には金属製のものが多く、強度や使い勝手においてとても理にかなっているのですが、お手入れ時にはそれぞれの金属に適した方法を取らないと傷めてしまう原因になることもあります。

例えば、表面がフッ素加工された鍋やフライパンなどにこびりついた焦げなどを落とす時、金束子などの固いもので擦ると傷がついて表面のコーティングが剥がれてしまいます。
加工面が剥がれると、調理中に更にこびりつきやすくなったり洗う時の手間も増えてしまいます。

また、フッ素加工されたアイテムは熱に弱い特性があるため、空焚きはしないようにしなければなりません。
商品に付属の説明書に記載されている注意事項をよく読み、正しく使いお手入れすることが大切です。

調理家電はメーカーに相談も

調理家電は汚れ以外にも不調が出ることがあります。
ちょっとした不具合なら少し時間を置くことで回復することもありますが、どうしてもいけない時はメーカーに問い合わせるのが無難です。
何かあった時のちょっとした対処法は説明書に記載されていることもありますが、部品の破損や電気関係の部分に故障が出ている場合なども即メーカーに問い合わせるのがオススメです。

型落ちしていなければ部品もメーカー側で保管、販売していることがあるので、部品の交換でまたこれまでのように使える可能性もあります。
このような場合の為にはできれば国内製造のものを使うことがオススメです。
一概には言えませんが、多くの場合は修理や部分的な交換などに有償、保証期間内なら無償で請け負ってくれるメーカーは多いです。